NO IMAGE

世界が見た2009年皆既日食

【7月22日 AFP】(写真追加)今世紀最長の皆既日食が22日、インド、中国、日本などで観測された。…


世紀のイベントも終わってしまうのはあっという間。
しかも仙台は霧雨が降ったり止んだり、更に霧も深く立ちこめているという状態だった。
皆既日食観測ツアーに行けない身としては、ネットのライブ中継とNHKの2本立てを目論んでいた。しかし、ネット中継は何処もアクセス過多で上手く繋がらなかった。
何度か皆既日食をネット中継でみていたけど、途中で振り落とされることはあっても、最初から弾かれたのは今回が初めて。それだけ『日本国内で見られる』ことはインパクトがあったのだろう。
結局、NHKのテレビ中継だけとなったのだけど、実はこれが大正解。
国内のメイン会場悪石島は、暴風雨で観測出来ず。屋久島も雨。
きれいに見られたのは、硫黄島とその近くの客船上だけ。
特に硫黄島の高感度カメラが捉えたプロミネンスは素晴らしかった。
もちろん、ダイヤモンドリングは言うに及ばず。
次に日本で見られるのは26年後。これは皆既帯が本州にかかるから、見る条件は良い。ただ、その時に見に行くだけの体力があるかどうか、それが一番問題かも。

地球の話の最新記事8件